upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:異本 殺生石
閲覧数の合計:124

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

異本 殺生石

作者:不知詠人

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
    • タグ:
  • 編集協力者:

    原発事故に揺れる東京に突如出現したタイムマシン。
    そこから現れたのは未来人の少女。
    22世紀の遺伝病から日本人を救うために「セッショウセキ」を探しに来たと言う。
    主人公・尾崎陽菜と高校の悪友・玄野は彼女を救うため時間旅行に同行するが……

    九尾の狐伝説をモチーフにしたタイムトラベルSF。


    登録ユーザー星:1 だれでも星:0 閲覧数:124

    異本 殺生石 53448文字

     

    起の段

     その朝、尾崎陽菜(はるな)が3年2組の教室に入ると、例によって数人の男子が福島県からの転校生をいじめていた。
    「こら、勝手に机近づけるんじゃねえよ」
    「放射能がうつるって、いつも言ってんだろ!」
     その転校生の男子は無表情な顔で黙って自分の机を教室の一番後ろの壁際まで戻した。一番後ろの列の机からも離れた不自然な位置だったが、教師たちも今では何も言わない。下手に口を出して問題がおおげさになる事を嫌がっているようだ。
     陽菜の姿に気づいたいじめっ子の男子たちは、一瞬顔色をうかがうような目で陽菜を見た。陽菜の腕っ節の強さを知っているからだ。ケンカなら男子といえど陽菜に勝てる者はそういない。
     けして気持ちのいい光景ではなかったが、陽菜は知らんふりを決め込む事にした。まだ五月に入ったばかりとはいえ、高校三年生ともなれば、さすがの陽菜も進路の事で頭がいっぱいの時もあった。
     首都圏の郊外にある陽菜の高校は、レベルは中ぐらいの何の変哲もない公立高校だ。ただ、東日本大震災の直後に東北の方で原子力発電所の事故が起きて以来、福島県から避難してきた高校生が十人ほど転校してきて以来、校内の雰囲気が荒れ始めたようだ。
     まあ、自分のストレス解消のためでしかないのだろうが、放射能がうつるとか言ってはその転校生たちをいじめる光景が毎日のように起きていた。陽菜は女ながらもケンカの強さと気の強さで学校では一目置かれる存在だから、教師が遠まわしになんとかしてくれないか、と言ってきた事もある。だが、放射能がうつる、というのが本当の事なのかどうか、勉強の方はさっぱりの陽菜には分からなった。だから、関わらないようにしている。
     やっと退屈な授業が終わり校門に向かっていると、後ろからポンと肩を叩かれた。陽菜は振り返って言った。
    「よ!ゲンノ。あんたも今帰りか?」
    「俺の苗字は玄野!ゲンノと書いてクロノ。いいかげん覚えろよ、オザキ」
    「あたしのだって、オサキ、濁らないって何万回も言ったぞ。お互い様だろ」
     それは隣のクラスの玄野了司だった。入学してすぐから妙にウマが合って、長い付き合いの悪友だ。ただし恋愛感情などはお互いにない。
     悪友と言っても陽菜とは全く対照的なタイプで、成績は常に学年トップ、弓道部の主将にして品行方正、教師の評判も完璧という、嫌味なぐらい出来た生徒だ。しかし本人にはそういう自覚がまるでなく気取ったところがないので、陽菜も気楽に付き合える。
    「それに、その男みたいな言葉なんとかしないのか。陽菜はけっこうルックスいけてるんだから、髪を長くしてもっと女らしくすりゃモテモテだって、これも何万回か言ったぞ」
    「はん!流れる黒髪は女の命ってか?あたしゃ、このショートカットが性に合ってんの。だいたい、二次元美少女みたいな長い髪の毛、手入れとか毎日のセットとか、どんだけ手間暇かかるか知ってんのか?あたしゃ、野郎どもの目を楽しませるためだけにそんなエネルギー使うほどヒマじゃねえよ」
     軽口をたたきあいながら、二人が人気のない林のそばの道にさしかかった時、その異変は起こった。突然すさまじい風が四方八方から巻き起こり、さすがの陽菜もミニにしている制服のスカートの裾を必死で押さえた。そして周囲の空気がビリビリと震え、目もくらむような閃光が一瞬二人の目を焼いた。
     そしてまた突然静けさが辺りに戻り、おそるおそる目を開いた陽菜は思わず手から鞄を地面に落してしまった。隣では玄野が目を見開いてかたまっていた。
     今まで何もなかった道のすぐ横の空き地にそれは突然出現した。一面つやのない銀白色で長さ10メートル、直径3メートルぐらいの細長い流線型の物体。片方の、たぶん後部だろう端からは直径数十センチの細いパイプのような物が何本も長く突き出ている。まるで宇宙ロケットのように見えた。まさか、どこかの国の宇宙ロケットが墜落した。
     だが、そうでもなさそうだった。その物体の胴体から細い4本の棒が下に向けて伸びて、ふわりと地面に着地したからだ。あっけに取られて立ちつくしている二人の前で、その物体の壁が音もなく開き、中から人間らしい人影が降りてきた。
     そしてまた二人は驚愕のあまり息を呑んだ。それは確かに人間にしか見えなかった。体にピッチリと合った薄いメタリックブルーのライダースーツみたいな服を着た、髪の長い女性、いや少女と言った方がいいだろう、それがよろよろとした足取りで地面に降り立ち、そしてそのままばったりと倒れこんで動かなくなった。
     先に足を踏み出したのは陽菜の方だった。だから男勝りだとか言われるのだが、こういう異常事態でも行動に出るのは陽菜がいつも最初だった。つられたように玄野も後に続く。そしてその謎の少女を陽菜が抱き起こし、そこでまた二人は驚いた。
     腰まで届きそうな長い髪は金髪、それも淡いプラチナブロンドというやつ。そして唯一むき出しになっている顔の肌が異常なまでに白い。一瞬外国人かと思ったが、陽菜は違和感を禁じ得なかった。その顔立ちはどう見ても白人のそれではなく、二人と同じようなアジア系のそれだった。はっきり言えば日本人にしか見えない。
     謎の少女は苦しげにうめき声を上げ、かすかに目を開いて日本語で、そう日本語で、陽菜に問いかけた。
    「ここは、今は西暦何年?」
     あまりの驚きの連続に声も出せない陽菜に代わって、玄野が陽菜の背後から顔をつき出して答えた。
    「2011年……だけど?」
     少女は陽菜の腕の中でまた苦しげに身動きし、左腕に巻いているデジタル腕時計に似た機械を震える指で何度か押した。するとあの宇宙ロケットみたいな物体は音もなくすうっと上空数メートルに浮かび上がり、そしていきなり姿を消した。
     その動作だけでも体中の力を振り絞ったのだろう。謎の少女は今度こそ完全に気を失って陽菜の腕の中に沈み込んだ。
     遠くから「何だ、今の音は?」「あっちの方か?」という近所の大人たちの声が聞こえてきた。二人は考える暇もなく、反射的にその謎の少女を隠さなければと思った。玄野が彼女を背負って、とりあえず陽菜の自宅めがけて走った。陽菜の両親は今朝から親戚の法事で出かけていて明後日まで帰らない。つまり陽菜の家は彼女一人なので、とりあえず陽菜の自宅に少女をかくまう事にした。
     少女を二階の陽菜の部屋へ運んでベッドに寝かせ、改めて見るとなんとも不思議な外見の子だった。たぶん陽菜や玄野と同じぐらいの年頃だろう。髪は脱色か染めているのかとも思ったが、そうではなく本当にプラチナブロンドらしい。しかしさっき日本語をしゃべった事から考えても、白人やハーフだとも思えない。それに化粧でここまで肌を白くするのはどう考えても不可能だ。
     無我夢中の状態から脱して落ち着いてみたら、陽菜は少女の顔が泥とほこりで汚れているのに気付いた。体からもかなり汗臭い臭いが漂っている。陽菜は玄野に手伝わせて一階のバスルームから、お湯をいっぱいに張った一番大きい洗面器とタオルを運んできた。タオルを湯に浸し、かたく絞って用意が整ったところで、陽菜は横で床に両膝をついて待機している玄野に、氷のような冷たい口調で声をかけた。
    「で、ゲンノ。あんたはどうする気なの」
     玄野は一瞬ぽかんとした表情で陽菜の顔を見つめた。
    「いや、もちろん、手伝うけど?」
     陽菜は立ち上がって玄野の目の前に仁王立ちになって続ける。
    「ほ、ほう。いい度胸してんな、あんた。女の子の服の下を、どうしても見たいと、そう言ってるわけだな?それも、このあたしの目の前で」
     玄野もやっと気付いたようだった。ライオンを目の前にしたウサギか何かのような動作でゆっくり床から立ち上がり、ドアの方に体を向けた。
    「あ、あはは、そうだったよな……あの、俺は出てた方が……いいんだよな?」
    「当たり前だろ!一階のリビングに行ってろ!」
     玄野を追い出し、念のため部屋のカギをかけて、陽菜は慎重に謎の少女のSFっぽい服を脱がせてタオルで体を拭いてあげた。ジッパーなどの場所が分かれば、陽菜たちが来ている服とそれほど構造は違わない。上半身を露わにし肩から腕にかけての肌を拭いてやろうとした時、陽菜はそれに気付いた。

    ←前のページ 現在 1/16 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 の人気作品

    続きを見る