upppiは縦読みコミック(タテコミ)・イラスト・小説が無料で楽しめるサービスです!

ようこそ!ゲストさん
シリーズ:初めて二人ですごした忘られない夜
閲覧数の合計:522

作品を編集する

  • シリーズタイトル・ジャンルの修正
  • この章を改訂する
  • この章を削除する
  • シリーズに作品を追加する
  • 表紙画像の変更

初めて二人ですごした忘られない夜

作者:音羽

  • 無料作品 有料作品:¥0(税込) R18
  • 編集協力者:

    初めて一夜を過ごした2人のデート♥️


    登録ユーザー星:1 だれでも星:1 閲覧数:522

    初めて二人ですごした忘られない夜 1165文字

     

    初めて男の人と一夜を2人で
    過ごした17歳の誕生日。

    私は、当時大人びた
    黒のワンピースとか
    黒メインの洋服で
    大人ぶっていた。
    似合わない口紅をぬって、
    背伸びして…
    いつも実年齢よりも
    上に見られたくて…

    新宿では歌舞伎町にある、
    ゲームセンターや、
    バッティングセンターで
    朝方まで遊んだ。
    当時は補導の取り締まりは、
    あまり厳しくなかった。
    20歳以上の保護者が
    一緒だったら、
    深夜のゲームセンターで
    遊ぶ事も許されていた。

    覚えているのが、
    少し路地うらに入り込んだ
    900円のしょうゆ豚骨が
    イケていたラーメン屋さん。
    半熟玉子も美味しかった。

    2人で新宿の街を少し散歩した。
    夏本番の熱帯夜、
    時々吹く風が心地よく
    気持ち良かったのを感じた。

    ドラマや映画、漫画だったら…腕を組んだり手を繋いだり…
    その先も…色々な妄想が
    頭を駆け巡る。

    でもいざとなると。。

    理性が邪魔をする。
    意識をすればするほど…
    不自然な距離感を保っている…
    小刻みに震えが止まらない…
    産まれたばかりの
    仔猫みたいに、
    何を怯えているの?私…,。

    知らない間に、ラブホ街に誘導されていた。私まだ処女…
    気ずいているよね?まさか。。

    急に手を繋いで、Tは『いい?』って…私は泣きそうになり、
    大きく首を横に振った。
    T『どうして?』
    O『私…初めてだよ。遊びでは出来ない」
    かなり大げさな反応で、
    T『うそやろ!ぶりっこしなくてもよかたい。』
    O『遊んでいるように見られるけど…
    付き合った事も1度もないし…
    男遊びは、避けてきた
    から…本当だよ。。』
    少しすね気味で呟いた。

    Tは軽くフレンチkissをした。
    顔が真っ赤になり熱くなって…
    『あっ!!』って叫んで
    驚かしてしまった。

    私…自分の気持ちに動揺
    しちゃうと癖と言うか…
    突発的に叫んじゃうんだよね…

    O『ファーストkiss奪われた。。
    返せ!!」思わず言ってしまった
    可愛くない女…

    自分の中では、ずっと…恋愛ドラマみたいな、映画みたいな、
    少女漫画みたいな…
    O『ファーストkissの、理想を描いていたんだよ
    夜景★の綺麗な海で2人きりでって…』

    Tはめんどくさそうに、
    『ごめん…わかった月末の
    土曜日横浜に単車で行こう。』
    なんかムカついたけど…
    本気で付き合う気持ちがある
    事が、嬉しかった。

    バイトの時間も迫って、マックで時間待ちをした。

    2人でベンチシートに寄り添い
    彼の肩を借りて埋もれる
    ように、爆睡した時間が
    幸せに思えた\(//∇//)\

    少しずつ自然に...彼にとけこんで
    行っている。

    時間が来て…
    T『寝息うるさかったわ!』
    照れ臭そうに言われた。
    ヨダレを慌てて拭いて…
    ニヤリな私…

    彼との出逢いは永く続く気がしたけど。。
    彼とは…全てが違いすぎて、
    いつか別れる気がしていたんだ…
    付き合い始めた頃から結婚とか
    ありきたりのゴールなんて、
    二人の未来なんてなかった気がしていて、
    今、そばに居れる事だけで良かった。

    続く。。。


    ←前のページ 現在 1/1 ページ 次のページ→

    1ページ目に戻る
    ▤ 目次ページに戻る


    お気に入りリストに追加 この作品を応援する

    応援ボタンを押す事で作品の★が増え、作者に「イイね!」を伝える事ができます。

    コメント

    作者紹介

    この作者の人気作品

    小説 恋愛の人気作品

    続きを見る